塗装の役割り

塗装工事はこうして行われる

外壁塗装に使われる塗料は主に石油から作られており、原油価格の変動により塗料の価格相場も変わります。しかしここ数年は大きな変動はないようです。 石油を化学的に合成して作られる塗料は、その主成分である合成樹脂の種類によってランク分けされます。 耐久性の低い順に「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」に分けられ、値段も順次上がっていきます。 実際に工事を行う場合、足場を組んだり壁面を洗浄するなどといった準備が必要です。 これらの作業を含めて外壁塗装工事と呼ばれるわけですが、延べ床面積30坪程度の家であれば50〜100万円程度の費用がかかります。

外壁塗装の必要性とは

外壁材の一番の目的は、雨水が建物の中に入り込み、柱や梁といった躯体にダメージを与えるのを防ぐことにあります。 昔の木造家屋では、外壁材として主に木の板が使われてきました。しかし木は燃えやすく、火災の時に延焼のリスクがあるため、防火地域では原則として使えなくなりました。そのため現在ではサイディングと呼ばれるセメント系の防火材料が主流です。 その外壁材の耐久性を高め、寿命を長持ちさせるために外壁塗装を行います。また、建物の見た目を美しく保つためにも塗装は重要な役割を果たします。 最近では研究が進み、塗料自体に断熱性能を持たせたり、汚れを付きにくくするといった機能を持つものも開発されています。 しかし家を長持ちさせるために一番大切なのは、定期的なメンテナンスを怠らないことです。